SONGS

歌の命の燃上がる

春の嵐

作詞作曲 長谷川光志

 

ときめく魂 吹き荒れる嵐 Come on

逆巻く風に 湧き上がるシンパシー

出かけて行こう

扉を誰かに 叩かれる前に

 

散らない花は ないのと同じように

実らない夢は ないと何かで読んだ

飛び出して行こう

春がこの町を そめているうちに

 

陽がさんさんと 温めた空気を魚になって

泳いでくイメージで歩くよ Feel so good

そう恋なんて 巡り行く春と同じようなものさ

出かけてみなきゃ気付かないぜ

はじまりはいつもそうだ

春の嵐

 

曇りのち嵐 ときどきファンタジーのLIFE

繰り返す朝に 救われることもある 

それは最高

ぼくがこの今を 生きている証

 

陽がさんさんと 温めた空気を魚になって

泳いでくイメージで 歩けば Feel so good

そう夢なんて 風に舞う花と同じようなものさ

走り出さなきゃつかめないぜ

はじまりはいつもそうだ

 

そう恋なんて 巡り行く春と同じようなものさ

出かけてみなきゃ気付かないぜ

 

はじまりはいつもそうだ

春の嵐

大丈夫さ

作詞作曲 長谷川光志

 

遠くなってしまったよ now

見えなくなってしまったよ now

振り返る街の灯

 

遠くなって 見えなくなって

空に浮かんだ 星がにじんで

移り行く時間に

 

彼女はとてもいい子だから

大丈夫さ 大丈夫さ

 

あなたが僕を しかった言葉

いまだに僕の 背中を押すんだ

繰り返す旅路に

 

遠くなってしまった人を

見えなくなってしまった人を

恨むのはやめなよ

 

彼女はとてもいい子だから

大丈夫さ 大丈夫さ

彼女はいつも笑っているから

 

大丈夫さ 大丈夫さ

作詞作曲 長谷川光志

 

真夏は空気が ねばねば寝床で

君をむさぼった やたらにつついた

夏だというのに 熟れた桃の匂い

冷たい果実が 欲しくて破いた

ところで ねえ今何時?

 

外は雪であろう 何気なく今朝の

空模様なんて 気にしてる振りで

冬だというのに 山梔子のような

香りばらまいて 大きな口開けて

隠して ああいやらしいな

 

薄い膜を一枚ずつ剥ぐごとに

君の本当の顔が見えてくる

後ろめたいこの感情は放り投げ

丸ごとしゃぶりつけば、もう

 

眠っているのか 笑っているのか

息をしてるかも 忘れてしまえば

気になることなど ただひとつしかない

柔らかに熟れた 食べごろの果実

 

ああ気持ちいいな

パーティは終わらない

作詞作曲 長谷川光志

 

カスタネットを弾けば

嫌でも始まるカンヴァセーション

Heart to heart Soul to soul

挨拶がわりのハグを決めたら

誰かが歌い出すだろう

そう夜は just begun

 

フェスティバルの夜だから

飲んで始まるイノベーション

Heart to heart Soul to soul

強引なキスがそれの合図

思わず口ずさんだら

良い子はもう寝る時間

 

テレビでは明日の天気予報

ミニスカートのキャスターの悲しい独り言

できるだけ遠くまで放れ

明日なんて遠くに放れ

All right! All night!

パーティは終わらない

 

ハートビートはサンバで

交わす言葉のジャムセッション

Heart to heart Soul to soul

陽が昇るのを待たせて

しまいには踊り出すだろう

さあ夜は just begun

 

バルコニーで始まるよチークタイム

ドレスコードは ’More Sexy’に

ゴージャスで 豪勢で 大胆なほどいい

できるだけ遠くまで放れ

理性なんて明日に放れ

All right! All night!

 

パーティは終わらない

人生は短篇映画

作詞作曲 長谷川光志

 

誰の人生もRock & Roll

良いことばかりに目を向けりゃハッピーだ

騙されたことに気付いたあとで

あの娘の気持ちが初めてわかる

High & Low 転がればRollong stone

金で買えない仲間がいればいいよ

どうしてこんなに素晴らしいんだろう

人生はそう短編映画

 

誰の人生もLove & Roll

悲しみに暮れたそのあとが大事さ

例えば病に臥せったときに

幸福のかたちが確かにわかる

High & Low 転がればRolling stone

金で買えない喜びがあればいいよ

どうしてこんなに素晴らしいんだろう

人生はそう短編映画

 

誰の人生もstop & go

差し出された手のぬくもりが救いだ

夢にまで見た富を手に

我が身の愚かさを知ることもある

High & Low 転がればRolling stone

忘れられない君との語らいも

どうしてこんなに素晴らしいんだろう

 

人生はそう短篇映画

この雨が上がったら

作詞作曲 長谷川光志

 

Are you afraid of me?

もう泣かないで 怖い場面を見たんだね

you scare me?

冷たい手 誰も君を責めやしないから

 

この雨が上がったら 歩こう涙をふいて

新しい靴を 買いに行こう

 

夕暮れに染まる町

君は誰か待ってるの?

 

この雨が上がったら 歩こう 涙をふいて

新しい服を 買いに行こう

 

新しい朝は すぐそこに

君はFuture

作詞作曲 長谷川光志

 

Don't give it up 明らめろ 確かめろ

Don't give it up 真実の声のするほうへ

Don't give it up 追いつめろ 問い詰めろ

Don't give it up 静かなる 確かなるほうへ

Are you believer? 耳澄ませ 研ぎすませ

Are you believer? 音もなく流れ行くほうへ

Are you believer? 隠してもそう溢れ出すよ

もう君には 嘘は残せない

君はFuture 過去で縛れない

 

もう君には もう君には

君はFuture

 

Don't give it up 明らめろよ 確かめろよ

Don't give it up 真実の声のするほうへ

Don't give it up 追いつめろよ 問い詰めろよ

もう君には 嘘は残せない

君はFuture 過去で縛れない

過去で汚せない 君を汚せない

オネスティ

作詞作曲 長谷川光志

 

他の誰より君が素敵と言いたいのに

世界中の誰よりも好きと言いたいのに

何が邪魔をする to me

それは見えないのに

 

朝イチ君の顔が見れたら最高だし

見慣れた駅までの裏道も輝いてる

ざわついてるのさ My Heart

ありのまま聞かせたいんだ この音を

 

君に会いたいよ いつだってそう

さらけ出せたら ずっといいのに

もう、きっといいのに

 

気のない子には優しくできる ああアイロニー

生まれついての性格だから それはそれだし

だけど止められない My Heart

君には伝えたいんだ きっと

 

一緒にいたいよ 四六時中ずっと

叶えられたら ずっといいのに

もう、きっといいのに

 

ぼくたちに与えられたこの時間が

足りない夜は夢でも会えるだろう

黄昏のあの夕日みたいな

忘られたラブソングみたいな

この距離を飛び超えたい

 

君に会いたいよ いつだってそう

さらけ出せたら ずっといいのに

一緒にいたいよ 四六時中ずっと

叶えられたら ずっといいのに

 

そう、きっといいのに

1
Today's Schedule